レンゲショウマ咲く御岳山~日の出山~生涯青春の湯つるつる温泉♨で赤いそば~CANVAS

お盆は避暑地、山ではなく会社に行っていました。普段は嫌いですが、この季節は涼しい会社大好き。お盆最終日はレンゲショウマが咲きだした御岳山へ。あと1週間待てば見頃ですが、来週は高尾山のライトアップを見に行くので今しかありません。

 

⏰ 歩行時間:約2時間30分

⏰ 7:40-8:10 御岳駅・富士峰園地・レンゲショウマ群生地🚻 ~ 8:35-45 御岳山・御嶽神社(929m) ~ 9:30-45 日の出山(902m)🚻 ~ 11:05 つるつる温泉🚻

💰 🚃電車運賃 JR新宿駅→御岳駅¥935- JR武蔵五日市駅→新宿¥814-  🚌バス運賃 御岳駅→ケーブル下バス停¥284- つるつる温泉→武蔵五日市駅¥409-  🚋御岳山ケーブルカー¥600-  ♨生涯青春の湯つるつる温泉入浴料¥760(jRO特典で¥100引)


 

5:16 JR新宿駅発

6:51 御岳駅着 ¥935- トイレは駅をでたところ

7:04 御岳駅発ケーブル下行バス バス停は駅をでて左前方、道路を渡ったところにあります。

7:14 ケーブル下バス停 ¥284- バス停からケーブル滝本駅まで坂道を5分強のぼります。

7:30 滝本駅発 ケーブルカー滝本駅で券売機に並ぶ人たち、バスはICカードで乗車していたはず。切符を買わなくてもケーブルカーに乗る時にICカードをピッとかざせば乗れます。¥600- 次の発車時刻は7:55ですが、密を避けるため臨時便の7:45発がでていました。

富士峰園地のレンゲショウマ群生地

7:36 御岳山駅 レンゲショウマが咲く富士峰園地は駅でて正面つきあたりを左に曲がります。大きく看板があるので迷いようがありません。駅から富士峰園地入口まで1~2分

 

あら~、なんとかわいらしい♡ 可憐です。

 

やはり来るのは少し早かったようです。

 

日陰のレンゲショウマは上品に見えます。

 

ツリガネニンジンも

 

満開ではありませんが、蕾がコロコロしているのもかわいいではないですか。

 

8:10 御岳山駅 私は御岳山駅に戻ってきてしまいましたが、レンゲショウマ群生地を通って御岳ビジターセンター方面へ抜けることができます。

御岳山・御嶽神社

途中、お土産屋さんや宿坊の間を通っていきます。宿坊の門には「〇〇様」とお客様の名前の記載があり、みなさん泊まりで観光しているのですね。大阪だって感染者は増えているのに、東京だけまだ除外だなんて変な話だ。2Fどもは献金もらったようですし、もう関心がないのでしょう。

神代ケヤキ

 

階段に鬼発見。お寺では四天王(多聞天とか)が鬼を踏んづけているけれど、あんな感じ?

8:35-45 御岳山・御嶽神社(929m) 暑くて焦げそう。。日陰で休憩。

本殿の横にもレンゲショウマ。数は少ないですが、こちらのほうが富士峰園地より咲くのが早いようです。

 

日の出山

とっても暑いのでロックガーデンにしようかな。。。と弱気になりながらも日の出山方面へ。

 

危険レベルの暑さの中、低山を歩くのはどうかと躊躇していましたが、あら、意外と涼しい。

でもやっぱり日向は暑い。

 

ダラダラ登ります。

右側のトイレが見えたら、日の出山山頂まであとちょっと

 

9:30-45 日の出山(902m) おやつ休憩。屋根の下は日陰でとっても涼しくて気持ちよく、人がいなかったらお昼寝したいほど。会津駒ケ岳のシャツを着たグループがベンチに来て、思わず私「あっ、それ私も持ってます!」 先週会津駒ケ岳を登ってきたんですって、いいなー

次の目的地はつるつる温泉です。

 

顎掛岩(アゴカケイワ) 日本武尊(ヤマトタケル)が岩に顎をかけて関東平野を見渡した、ということですが、どの岩だかわかりません。

無事に下山しました、ゲコ

 

ツユクサ

ハグロソウ

 

11:05 つるつる温泉でゴール


生涯青春の湯 つるつる温泉♨の赤いそば

入浴料¥860のところ、jRO(日本山岳救助機構)のJTBベネフィット割で¥100引き。JAFでも割引があります。靴箱横に大きな荷物を置く棚があります。

和風の「美人の湯」と洋風の「生涯青春の湯」があり、男女奇数・偶数日で交代。この日女性は「美人の湯」でした。ここは何度か入ったこともあり、いつも混雑していてゆっくりできたことはなかったのですが、今日はまだお昼前。近所の人らしきおばちゃんたちが浸かっているくらいで、のびのびできました。飛沫を飛ばしながらしゃべるおばちゃんたち、お風呂では大丈夫なのかな? 無臭・無色透明のお湯ですがアルカリ性なので、お肌がつるつるになったような? サウナと露天風呂もあります。涼しい風にあたりながらの露天風呂はいつまでも入っていられそうです。40度を超えた浜松で露天風呂に入ったら、気温とお湯が同じ温度ずら~

さっぱりした後は名物の赤いうどんにしようと思ったのですが、赤いうどんは温だそう。なので冷の赤いおそばにしました。見た目はジュレやトマトがぐじゅぐじゅして美しくはありませんが、これおいしい! 入浴施設の併設のお食事処ということで期待はしていなかったのですが、¥760-とリーズナブルですしこれはいいですね。上にのっている天ぷらは舞茸、大葉、玉ねぎ。欲を言えば、天ぷらがナスやカボチャの夏野菜だったらなおよかったのに。スープは洋風でさっぱり、最後まで飲んでしまいました。リコピンで日焼け対策になったかな?

まるで高原のオシャレなレストランのよう。間隔をあけてコロナ対策バッチリです。

お土産屋さんのお野菜コーナー。私がいつも行くスーパーより安い。ピーマンを購入、もやし以外の野菜を買うのは久しぶりです。今年は梅雨が長かったので野菜が高い!

 

13:00 つるつる温泉発 バスは基本一時間に1本、多くて2本なので食事の前などにチェックしておくとよいでしょう。玄関外だけではなく、館内、レストラン内にも時刻表はあります。来ました、青春号。青春号が運行する時間帯は限られています。

車内もレトロです。

 

13:20 武蔵五日市駅着 ¥409- 時間も早いので贅沢にもデザートをいただこうと思います。いつもは駅前の山猫亭さんでケーキですが、今回はCANVASさん。こちらも駅前にあります。

CANVAS

席は空いているのですが、外で待つことに。まだかなー。私の後にもグループが待っています。まだかなー。しばらくは炎天下で待っていたグループも「席がずっと空いてるのに」「人が足りないんじゃないの」「中にいる人も料理がぜんぜん来ない」とかなんとか言ってどこかへ行ってしまいました。そんな会話を聞きながらも、私はなんだか暑さで脳ミソが溶け始めたのかぼーっとしています。20分待ちようやく店内へ案内されました。予習の段階で食べようと思っていたのは「ひのはら紅茶のジュレアイス」、なんとも涼し気でここならではのメニューのようなので。

いや、パフェも気になります。あまったるい生クリームでごまかすようなパフェではなさそうです。甘茶のレモンソーダもどんな味なの?

注文したのはパフェのドリンクセットで¥950- しばらくパフェは来なさそうなのでもってきた小説を読んでました。店内はしっかりコロナ対策されてます。25分ほどでパフェがやってきました。

全体的にはレアチーズソースの濃厚な味で、その中にヨーグルト、紅茶のジュレ、ゆずなどが入ったサッパリしたパフェ。アイスはミルクティー味です。アイスも何カ月ぶりだろう。。。 こんなパフェはじめて、これはおススメです。計45分待ったかいがありました。

ランチメニューは薬膳カレーや鮎オイルを使用したオムライスなどオリジナリティあるものです。店内は明るくとてもオシャレ。クチコミでは高評価ばかりなので、ひねくれ者の私としてはあえて辛口コメントをしたいと思います。たまたまスタッフが足りなかったのかとにかく待たされました。コロナ対策でドアや窓は開放していて、すぐ前の通りを通るアホバイクがうるさい。これはお店が悪いのではなく屁こきバイクが悪いのですが。人気店なので、当然ファミリーやグループも来るのでにぎやかです。下山後に疲れた体で静かにゆっくりしたい時は山猫亭さんの方がよいかも。こんなネガティブなことを書いてみましたが、ぜひ再訪して違うメニューを楽しみたいと思っています(結局はよい評価だということ)。

 

低山のわりに涼しく、お花に温泉においしいもの、ゆる登山としてはパーフェクトな一日でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です