晩秋の浅間峠~笹尾根~槇寄山~蛇の湯温泉たから荘♨

もう山の紅葉はほとんど終わってしまいました。雪山までの間は何したらよいのでしょうね。まだ近くの高尾は混んでそうなので(去年の今頃の高尾山は持ちついたり焼き肉したり登山客が忘年会してました)、地味に笹尾根登ってきました。

 

⏰ 歩行時間:約5時間20分

⏰ 8:00 上川乗バス停(400m)🚻 ~ 8:20 浅間峠登山口 ~ 9:15-20 浅間峠(840m) ~ 10:00 日原峠(900m) ~ 11:00 丸山(1098m) ~ 12:00-20 数馬峠 ~ 12:35 西原峠 ~ 12:40 槇寄山(1188m) ~ 13:45 九頭竜神社 ~ 13:55 蛇の湯温泉たから荘🚻  注!上川乗バス停から登山口まで道を間違えたため時間がかかっています

💰 🚃電車運賃 京王線新宿駅↔JR武蔵五日市駅¥679×2  🚌バス運賃 武蔵五日市駅→上川乗バス停¥700- 数馬バス停→JR武蔵五日市駅¥940-  ♨蛇の湯温泉たから荘入浴料¥1,000-


5:50 京王線新宿駅発

6:11-14 分倍河原駅 京王線からJRへ乗り換え JR新宿→立川→武蔵五日市のオールJRで来るよりも、100円強安く、また早い。

6:58 JR五日市線武蔵五日市駅到着 運賃¥679-

7:10 武蔵五日市駅発 駅前①番乗り場数馬行バス

7:52 上川乗(かみかわのり 400m)バス停到着 運賃¥700- 道反対側に駐車場とトイレあり。トイレはこの先ありません。

8:00 登山口を間違える。ええ、間違えましたとも! バス進行方向に向かうと右側に登山口標識が見え、疑いもせず入ってしまいました。歩きながら、「んん? 車道に対して北だっけ? 南じゃなかったかな??」と思いガイドブックを確認。違うじゃん! もどって登山口標識を見ると「浅間嶺・時坂峠」。私が行くのは浅間峠。なんでこう早とちりをするんだろう。こちら間違った登山口。

浅間峠

8:20 浅間峠登山口 バス停よりバス進行方向へ、上野原と奥多摩に分かれる二股を左に行くと川があり南秋川橋を渡ります。バイクが横をブンブン走っていくカーブのある坂を登っていき、2回目のカーブを過ぎさらに歩くと左側に駐車場と登山口があります。

 

落ち葉が敷き詰められた登山道。登りが長く続きます。すっかり晩秋の景色、派手さはありませんが落ち着いていて好きです。

 

9:15 浅間峠(840m) ベンチがあり、おやつタイム。小さな祠もあります。

 

一週間前はキレイだったんだろうなぁ

 

10:00 日原峠(900m)

11:00 丸山(1098m) この丸山からも道中も富士山をはじめ山々が見えるのですが、木の向こうに見えるので写真をとってもいまいち。

笹尾根

笹尾根だけあって、丸山を少し過ぎたあたりから笹で覆われています。

 

12:00-20 数馬峠 久しぶりのベンチで富士山の頭を見ながらお昼休憩。予定ではこのまま下山ですが、まだ早いので槇寄山行こうかなーどうしようかなー迷います。

槇寄山を登る決心をし西原峠をめざします。途中、今更ながらの「笹尾根」の看板。遠くに御前山が見えます。なんだか歩くの飽きてきました。日差しが夕方の陽のようで焦ってきます。必須アイテムのヘッドランプ今日持ってくるの忘れた! あるまじきミスです。

 

12:35 西原峠 妖怪ポストのようなものがありました。鬼太郎よりジバニャンに届いてほしい。「温泉センターかわら版」とあり、ちらりとのぞくとバスの時刻表のようなものが見えました。

槇寄山

12:40 槇寄山(1188m) ここまで「槇寄山」こっちという看板がないのでちょっぴる不安。「三頭山」の看板を頼りにここまで来ました。槇寄山は存在感はあまりないのかなぁ。今まで単調な道と景色だったので、この景色に喜び倍増!

西原峠に戻り数馬バス停に向かいます。途中「数馬バス停」と「数馬バス停近道」という分岐があり、私は近道を選んでしまいました。一般道が下に見えるようになってからかなりの急斜面です。今日一番の難関でした。


13:40 一般道へでたら右へ

13:45 九頭竜神社 小さな神社ですが一応お参り。九頭竜って聞くとるろうに剣心を思い出しちゃう。

蛇の湯(じゃのゆ)温泉 たから荘♨

13:55 数馬バス停を通り過ぎ、たから荘到着。かやぶき屋根のステキな建物。雰囲気いい! これが都内なんて信じられません。

そして温泉。都内で唯一の、日本秘湯を守る会の会員宿です。豪華さはありませんが解放感があり落ち着けます。お湯の温度もちょうどよくて気持ちよくいつまでも長風呂できそうなのですが、数少ないバスの時間がせまっています。浸かれたのはたった10分ほど。もったいない! お湯は無臭、さらさらとしていて軽めです。脱衣所は棚もなく、かごがあるだけのシンプル仕様です。ドライヤーはあったものの1、2分しか乾かす時間がなくほとんど濡れたまま終了。これで後ほど風邪をひくことになります。入浴料¥1,000- 古い建物でトイレも最新のものではありませんが、掃除も行き届いていつか泊まってみたい宿です。

 

14:51 数馬バス停出発 運賃¥940- 始発なので発車時間直前に行ってもバスに乗れます。

15:50 JR武蔵五日市駅到着 お気に入りの喫茶店山猫亭へ。チーズケーキゆずソース添えを食べたかったのですが売れ切れてしまったようです。残念! 今日はお客さんが次から次へと来てご主人忙しそう。地味だけど人気のお店だったのですね。アップルパイとカフェオレで本を読みながらまったり。テーブルが新しくなってました。今日はかわりばえしない道をもくもくとたくさん歩いたなー

前回の山猫亭さんはこちら 山猫亭でチリコンカン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です