箱根丸岳~知客茶家~箱根湯寮♨

有給が余っています。有給を使い土日あわせて3連休、遠出しようにも山小屋はどこもいっぱいです。登山バスあるぺん号は空席があるのに。。。せっかく平日ならと、すいているであろう観光地・箱根に下りてくるルートにしました。

バスで箱根園まで行き、そこからロープウェイで箱根駒ケ岳へというルートがよかったのですが、しばらくは新宿から箱根園へはバスの運行がないようです。なので丸岳へ。

 

⏰ 歩行時間:約3時間40分

⏰ 8:40 乙女峠バス停 ~ 9:10 乙女峠(1005m) ~ 9:45 丸岳(1156m) ~ 10:10 富士見台(1025m) ~ 11:05 富士見ヶ丘公園 ~ 12:00 湖尻水門 ~ 12:20 桃源台(741m)🚻

💰 🚌バス運賃 新宿バスタ→乙女峠バス停¥1,750-(ネット割で¥40引) 桃源台バス停→箱根湯本駅¥1,070-  🚃電車運賃 箱根登山鉄道箱根湯元駅→小田急線新宿駅¥1,211-  ♨箱根湯寮入浴料¥1,500-


6:35 新宿バスタ発 バスはガラガラです。¥1,750-(ネット割で¥40引)

丸岳

8:35 乙女峠バス停着 あら、ふじみ茶屋がおしゃれなFUJIMI CAFEにリニューアルしていました。ここにも欧米化の波が来ているようです。まだ営業時間前で開いておらずトイレを借りることはできませんでした。

 

8:40 乙女峠登山口 登山口は乙女バス停からバスの進行方向に数m進むと左側にあります。フジミカフェとは反対側です。

 

普通の山道です。天気予報を複数チェックしたところ、午前は晴れまたは曇り、午後から雨予報でしたが、なんともうポツポツ降ってきました。今年の夏は本当に天気に恵まれない私です。

 

左上:タマアジサイ  左下:ユウガギク  右:ホタルブクロ

 

9:10 乙女峠(1005m) 金時山とは反対方向へ進みます。

 

登山道にまでガスがおりてきました。今日のコースは富士山や芦ノ湖が見られる展望のよいコースだったのに。

 

9:45 丸岳(1156m) 近くを通ってきた鉄塔が後ろに見えます。

天気がよかったら絶好のおやつスポットになったに違いありません。

 

ガスの切れ間からゴルフ場と芦ノ湖がチラリ。

 

左:キンミズヒキ  右上:ゲンノショウコ  右下:トウバナ

 

10:10 富士見台(1025m) こんな天気では富士山なんて見えるはずもなく。が、陸上自衛隊東富士演習場の大砲の音は聞こえます。「富士山と芦ノ湖が見えるのはここだけ」とありますが、反対側なので一枚の写真におさめることはできません。

 

明神ヶ岳かな?

 

芦ノ湖もしっかり?見えてきました。

 

こんな山道にトイレ?と思ったらすぐ横に車道がとおっていました。おそらく長尾駐車場のトイレだと思います。

 

虫だ!虫、虫! あっち行け! よけてもよけてもヒラヒラとまとわりついてくる、ひ~ よけている間にキレイな水色が目に入りました。アサギマダラ? 海を渡って2000kmの旅をするという蝶、追っ払ってごめんね。

 

11:05 富士見ヶ丘公園 だから今日は富士山見えないんだってば

後ろを振り返ると丸岳と鉄塔が見えます。

 

笹の道を下ります。

 

ゴルフ場入り口の横から出てきました。

 

12:00 湖尻水門

 

湖面近くにユリが何輪も咲いています。

ツユクサ

 

キャンプ場を通り、コテージのあるセレブエリアへ。湖近くは涼しくてセレブ気分になります。

 

芦ノ湖といえば海賊船

 

12:20 桃源台(741m) 箱根ではエヴァンゲリオンスタンプラリー開催中です。

 

12:37 桃源台バス停発 エヴァの世界で箱根は第3新東京市として登場するらしい。バス車内のアナウンスもエヴァのキャラの声で「しゅっぱーつ!」 エヴァファンはうれしいでしょうね。私はまったくわかりません。ジバニャンが「出発だニャン(ΦωΦ)/」って言ってくれたらうれしいんだけどなー

 

13:21 箱根湯本駅着 ¥1,070-

先に汗を流してさっぱりしたいところですが、ランチタイムが終わると困るので先にお昼です。もっとガランとしているのかと思ったら、なーんだけっこう観光客いるじゃないですか、特に大学生くらいのが。


知客茶家(しかぢゃや)

箱根湯本駅から徒歩5分強。人が並んでいるのでそこかと思ったらそのお店はお蕎麦のはつ花さんでした。お蕎麦は先週高尾山で食べたからなぁ。やっぱり向かいの知客茶家さんにしよう。

 

私のランチとしてはちょっとお高め。一番お手頃な値段が¥1,930の豆腐点心と山芋点心になります。山芋点心にしました。

後ほどでてくる山芋は味噌で味付けしてあるので、シンプルに山芋を味わうならこのまぐろ山掛けで。

名物の早雲豆腐。「豆腐を昆布出汁の中で温め、引き上げた上に熱いお味噌汁で味付けしたとろろをかけた」とあります。名物なだけあってこれはおいしい! ほんのり甘味のあるお豆腐が味噌味のとろろに包まれ、味噌だからといって濃くなく上品な味わいです。

麦ご飯に味噌仕立てのとろろをかけていただきます。麦ご飯はおかわりできます。お吸物が、なんだろう? 上品すぎて私にはわかりません。本当に薄くて。。。私、コロナで味覚障害かしら?

とろろおいしかったー 体にいいものを食べました。トータルでかなりのとろろの量なので、よっぽどとろろ好きではないとつまらないかもしれません。ここの女将さんは、先週の蕎麦屋の女将さんと違って自らちゃきちゃき働いています。普通そうよねー

私は囲炉裏の席でした。公衆電話はレトロです。

 

箱根湯寮♨

箱根湯本駅からシャトルバスで約3分。シャトルバスの運行は時間にもよりますがだいたい10~15分間隔。バスでたった3分なら歩けるのではと思いましたが、バスに乗ってみると登り坂で歩くのはかなり大変そう。

門をくぐり建物入り口で入浴料¥1,500をお支払い。ステキな中庭を見ながらお風呂エリアへ。

温泉は箱根七湯のひとつ「塔之沢温泉」で、アルカリ性単純温泉。アルカリ性ということはお肌すべすべ効果が期待できます。

脱衣所は広々、洗い場も豊富で外にまで洗い場はあります。湯船は内風呂1、露天風呂4種類あり広く、サウナもあります。しかも今日は平日、人が少なくゆっくりできました。おもしろいのが露天の一角にある沢水風呂。水風呂の代わりですが、沢の水を引いていて日によってはとっても冷たいのだとか。これがとても気持ちよく、となりの見晴らし風呂であたたまっては沢水風呂に浸かるのを繰りかえし、疲れがとれていくようでした(疲れるほど歩いていないけれど)。

私が脱衣所にいる間だけでも、スタッフさんはゴミ箱のゴミを2度回収したりと気を配っています。箱根湯寮、平日の昼間で人が少なかったということもありますが、期待以上でした。山からの景色はイマイチでしたが、平日に来た甲斐がありました。

 

またシャトルバスに乗車し箱根湯本へ。小田原経由で小田急線で帰ります。あー、これで夏が終わってしまった。。。 一昨年の7泊8日北アルプス縦走、昨年のスイスのあとは「歩ききった!もう当分歩きたくない!」と思ったものですが、今年はまったく歩き足らない。しょぼい夏でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です