荒川三山で南アルプスデビュー3日目 千枚小屋~椹島~白樺荘

おはようございます。山小屋では早出で3:00ころ出ていく人がいますが、この小屋は早出する人の割合が多いようです。がんばれー 昨日は千枚小屋まわりの人で混雑だったようですが、私たちが泊まった日はスペースに空きもありました。

4:30 朝食 他の山小屋では鮭が多いのにヤマメだかイワナの甘露煮です。こっちの方が好き。ソーセージもプリっとしていておいしい。朝からこれはうれしいです。

食べ終わるころ、日がのぼってきました。食堂からも見えます。

昨日玄関のベンチに座っっていた時、団体のうち「私のサンダルがない! ない!」と大騒ぎしすのこまでめくっていた女性がいました。私のサンダルといっても小屋のでみんなで履くものなのですが。。変な人だなぁと思っていました。外で日の出を見ているとこの女性「あれが富士山ですか?」と聞いてきました。え、えぇ、そうですけど。。 日本人で(明らかに日本人)、山を登っていて富士山がわからないなんてことが? 日本には〇〇富士がいくつもありますからね、きっと念のために聞いたのでしょう。


千枚小屋

宿泊料(一泊2食):¥9,000-

トイレ使用料:¥100-(宿泊料と一緒に支払)

トイレ、洗面:外 洗面の水は飲めます

夕食 17:00  朝食 4:30

消灯:20:00

売店

100円ドリンクコーナー、3杯お世話になりました。ちゃんとしたコーヒー¥500-もあるけれど、私はインスタントで十分おいしくいただきました。種類豊富で毎回選ぶのも楽しい。

私たちはハシゴのぼって2段目でした。が、なんとここからは見えないのですが、この上にもフロアはあるのです。外から階段をのぼって入るらしい。

千枚小屋のご主人は赤石岳避難小屋のご主人を「あいつはネコかぶってる!」とかなんとか言っていましたが、仲よしみたいです。

6:00 ゆっくり100円のコーヒーを飲んで出発

樹林帯でこれといって撮るようなものもありません。途中見晴岩で、登った山を振り返るのみです。

そう、見晴岩で登った山を振り返るのみです。

7:00 んん? 「蕨段」という標識が目に入りました。話をしながら歩いていたら見晴岩を過ぎてしまいました。今日の唯一の見どころが! 痛恨の極みなり!!

7:30-35 清水平(水場)

樹林帯をもくもくとおり、セミの声まで聴こえるようになりました。下界が近くなってきたと感じます。樹林帯といっても、岩をのぼったりする箇所があるのですが、岩にのぼって後ろを振り返ると悪沢岳が見えました! 左には中岳も。登山でいつも思うのは、「人間の一歩一歩はすごい」ということです。

10:05 吊り橋 今回の山行の核心部、岩場より安全であることはわかっているのに揺れて怖い! 

出来立てのようです。

10:15 滝見橋からの眺め

滝見橋を渡り切ったところに以前の登山口 こっちの登山口だと滝を近くに見ながら進めたのかな?

10:30 再び椹島 ゴール! お疲れさまでした。

椹島

とにかく何をおいても腹ごしらえです。椹レストハウスで、椹サンド+アイスコーヒー¥1,000- 他に冷やしうどんやカレーなどがありました。

私たちは利用しませんでしたが、シャワーも浴びることができます。¥500-

山小屋でもらった領収書を売店の受付で掲示し、乗車券をもらいます。支払はありません。山小屋に泊まらなかった人(テン泊)は乗車できないんですって! 商売上手といえばそうなのですが、運賃払えば乗せてあげればいいのにね。


13:00 シャトルバスで畑薙臨時駐車場へ またまたドライバーさんのぶつぶつ言うガイドが楽しめました。通常なら疲れて寝てしまうところですが、おもしろくて寝られません。「あ、今、右見ないほうがいいですよ」 見てみると今にも上から岩が落ちてきそう。ネズミ―ランドのビックサンダーマウンテンに鉱山の中で岩が落ちてきそうなところなかったっけ? それが鼻くそに思えるほどリアル感あり。しょせんネズミの国ははりぼてです(そういう私はもとキャスト)。どなたかのブログに窓の割れたシャトルバスの写真がありました。ガードレールが下に落ちかかっているところもあり、迫力満点です。

13:55 畑薙臨時駐車場 下山届をきちんと書かせられます。冷たい緑茶のサービスがうれしい。

14:05 アルペン号 14:15出発ですが乗客がそろったので出発です。一昨日の行きのバスは大型バスで多くの乗客がいたのに、今日は小型バス。これでお風呂の大混雑は避けられそうです。

白樺荘

14:10 白樺荘で休憩タイム お風呂で洗い場待ちはイヤなので、一番にバスを降り、一番に服をぬぎ、一番に洗い場へ。おかげで湯船にゆっくり浸かることができました。お湯がとろっとしていて気持ちいいです。露天風呂もありましたが、日差しがさんさんとしているのでやめておきました。入浴料¥510-

お食事処はヤマメ丼や鹿刺し定食などがあり、椹島のレストハウスよりおいしそうです。時間がないので諦めました。

下山後は下記のような選択肢があります。

①椹島で食事→13:00のシャトルバス→畑薙駐車場でアルペン号へ乗り換え→白樺荘でお風呂→アルペン号で東京へ

②椹島でシャワー→13:00のシャトルバス→畑薙臨時駐車場でアルペン号へ乗り換え→白樺荘のお食事処で一杯→アルペン号で東京へ

③椹島→10:30のシャトルバス→畑薙臨時駐車場から徒歩で白樺荘へ(15~20分位?)→白樺荘でお風呂&食事→アルペン号で東京へ もちろん事前にアルペン号に乗車場所を伝えておく必要があります。

私の実力以上の行程でしたが、咲きみだれる花々で疲れを忘れ、山友さんがぐいぐいリードしてくれたおかげで無事に南アルプスデビューすることができました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です