地味に金勝山~吉田家住宅でおそば

「山に登りたくない病」にかかってはや一か月、なかなか治る気配がありません。夏の宿泊予約をキャンセルするかどうか、この登山で決めようと思います。金勝山、私が住んでいる場所から一番近い山かもしれません。駅から山頂まで30分の超ゆるゆる登山、やる気のない私にはぴったりの山です。やる気がでたら官ノ倉山まで登ろう。

 

⏰ 歩行時間:約1時間45分  これだけ

⏰ 9:50 東武東上線東武竹沢駅(114m)🚻 ~ 10:00 東登山道入口(118m) ~ 10:20-35 金勝山(264m) ~ 10:45-55 小川げんきプラザ(248m)🚻 ~ 11:35-12:35 吉田家住宅(141m)🚻 ~ 13:00 東武竹沢駅🚻


9:45 東武東上線東武竹沢駅着 ハイキングコースと大々的に書いてありますが、はっきり言ってこれしかないと思います。

9:50 スタート(114m) 鼓舞するために「山が好き酒が好き」の五竜Tシャツを着てきましたが、いまいちテンションはあがりません。

金勝山

官ノ倉山、外秩父縦走ハイキングは左へ、金勝山は右の東登山道まわりへ

標識は立派です。

 

まだアジサイが咲いていました。もうこのあたりで汗びっしょり。歩いたからではなく、ただただ暑い。この日、近く熊谷では猛暑でした。

 

10:00 東登山道入口(118m) 真ん中に登山届ポストを挟んで、道が2つに分かれています。どちらの道も山頂にのびていますが、池がある右に進んでみます。

 

池、たいしたことありませんでした。と思っていたのですが、ブログを書きながら写真を見ると緑が映ってキレイじゃない? ふてくされて歩いているとキレイなものが見えなくなるのね。

 

余裕余裕。そりゃそうでしょ、平坦なんだから

 

まだ余裕 上の方から「ヤッホー」「ヤッホー」と聞こえます。

 

岩場、と言っていいのでしょうか? まったくたいしたことないです。

 

10:20-35 金勝山(きんしょうざん 264m) 岩場のすぐ上が山頂です。小ぶりな山のくせにいい眺めじゃないか!

 

山頂は広くはありませんが、ベンチがあります。

 

こんな看板があるからヤッホヤッホ叫んでいたのね。

さすがに1人でナイトウォークする度胸はありません。

 

ベンチでおやつ休憩。もう7月ですが水無月、これを食べると夏が来たなーと思います。

低山のくせに山頂にはとてもいい風が通りぬけていきます。ゆる登山のやる気、10%にアップしました。

ぼんやりしていると下からちびっこたち第2段のにぎやかな声が。岩場でわーわーやってます。彼らが山頂に着く前に退散です。

 

山頂から2,3分で裏金勝山。標識は立派、なんだか金太郎さんでもでてきそう。山頂からは連続でヤッホー、そうなると思いました。ちびっこは岩場でもヤッホーでも楽しんでいます、見習いたい。

 

10:45-55 小川げんきプラザ(248m) プラネタリウムやキャンプ場などがある施設です。時間がうまく合ったらプラネタリウムを見ようかと思いましたが、10:30~と14:00~でした。冷房が緩やかに効いた館内で休憩。館内のトイレは靴を脱がなければなりません。トイレは建物の外にもあります。

 

正面左が堂平山、右が笠山、外秩父七峰縦走ハイキング大会で登りました。

 

ホンダ寄居工場 曇り予報であまり暑くないと思って出てきたのに、晴れてきました。晴れてほしい時はいつも雨のくせに~

 

プラネタリウムから南登山口へ山道を下るルートがありますが、まだ少ししか歩いていないので遠回りをして下ります。車道ですが、小川げんきプラザ専用の道で景色もあります。ベンチがあるということは、歩く人がいるということですね?

キャンプ場やバンガローがあります。

 

何か釣っています。赤鬼って看板に書いてある、ザリガニね。

 

山エリアは終わり、国道254号を南へ。あっつい~暑い! この日、熊谷は猛暑日でした。


吉田家住宅

11:35-12:35 吉田家住宅(141m)

 

外はあっついのに、建物の四方が開け放たれているおかげで風が通って中は涼しい。この茅葺屋根は断熱効果抜群です。この建物は築300年なんですって!

 

ここを訪れる人はもれなく囲炉裏でお団子を焼いて食べていきます。いくら建物の中が涼しくても火のそばはさすがに熱いので、私はパス

 

今日はうどんがなくそばだけとのこと。うどんかおそばか迷っていたので助かりました。きのこの山かたけのこの里も迷うしね、人生日々分水嶺なり。

 

そばがカッペリーニのように細く涼し気です。野菜天ぷらはナスとピーマン、さついまいも、インゲンと葉っぱ。アイラブ♡ナス そば¥700-+野菜天ぷら¥500-

おいしいお蕎麦でお腹いっぱい。そよ風を受けながら奥の畳の上で昼寝したら気持ちいいだろうなー

おばちゃん「これから山登るの?」 私「いえ、金勝山登ってきました」 「じゃあこれから官ノ倉山かしら」 そう、多くの人は金勝山と官ノ倉をセットで登るらしい。「そうしようかと思っていたのですが、なんだかもう動きたくなくなっちゃって。。。ここがゴールです」 おばちゃん「気ままでいいわねぇ」 お一人様は簡単に計画を変更できるのがよい。おばちゃんはお話好き、人好きのようでとても感じのよい方です。建物についてもいろいろ教えてくれます。寒くなったらお団子を焼きにまた来ます。

 

13:00 東武竹沢駅 立派に見える駅ですが、まわりにはコンビニなどなにもありません。

 

金勝山は地味ですが、小川げんきプラザがあるからかじゃりんこが大勢いるにぎやかな山です。わざわざ電車賃かけて来るほどの山ではありませんが、吉田家住宅のおかげで、家で扇風機の前で鎮座しているよりもはるかによい休日となりました。ゆる登山やる気度25%へアップ⤴


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。