紅葉の涸沢 2日目 涸沢ヒュッテ~上高地食堂~五千尺ホテル5HORN

おはようございます。モーニングコールならぬ、モーニングよいしょで起こされました。。。

 

⏰ 歩行時間:約5時間

⏰ 6:35 涸沢ヒュッテ(2309m)🚻 ~ 7:15 大崩落地(1995m) ~ 7:55-8:10 本谷橋(1780m) ~ 9:05 横尾(1620m)🚻 ~ 9:55-10:00 徳澤園(1562m)🚻 ~ 10:45-50 明神館(1530m)🚻 ~ 11:45 岳沢登山口 ~ 12:00 河童橋(1505m)🚻

💰 🚌バス運賃 上高地バスターミナル→新宿バスタ¥7,700(Web割で¥400引)


5:20 朝食 スタッフのお兄ちゃんたちが外を見ながら「今日はいいかも」と言いあってます。それってモルゲンロート?

 

5:45 朝食を終え外にでるとすでに山が朝日で焼けていました。

穂高岳山荘のみなさんもおはようございます。

ピンクは白へと変わりました。

 

部屋で出発の準備をし再び外へ。雲一つない涸沢、見納めです。次はいつ来られるかな。

大天井岳、リベンジしたい山です。

 

6:35 涸沢ヒュッテ(2309m)出発 ただ下りるだけですが、とても遠くに向かう大縦走と錯覚してしまいそう。

 

7:15 大崩落地(1995m) 「休」と「む」の間に間違いがあったようですが、「憩」の字を書こうと思って漢字がわからなくなったと推測。変換機能に頼り書くことがなくなったので、私もめっきり漢字が書けなくなりました。

 

開放感のある景色が

優しい森へと変わります。続々と人が登ってきます。

7:55-8:10 本谷橋(1780m)でおやつ休憩 ツアー団体がいましたが、明らかに初心者もいればザックや靴をみるとほどよくくたびれている参加者も。涸沢くらいだったら自力でいけそうですけれど。

川はもちろんキレイ。水が冷たすぎて手を入れていられません。

バラエティでロイがここの水を飲んで「鉄の味がする」とまずそうな顔をしていましたが、ここは飲む水じゃありませんから。

 

森の中から見える雄姿

上ばかり見てしまうけれど、足元ではキノコも頑張ってます。

 

9:05 横尾(1620m)

9:55-10:00 徳澤園(1562m) チーズケーキかプリンあるかなーと覗いたのですが、やはりありませんでした。「女将のきまぐれ手作りスイーツ」というだけあって、きまぐれのようです。

すごい荷物! どんなイケメン山男さんだろうと前にまわりこんで見たら仙人のような方でした。ご利益ありそうです、ありがたや~

明日が休日なのでこれから登る人とたくさんすれ違います。上高地にクマが出たからか熊鈴がうるさいうるさい、まるで風鈴屋さん。これだけ人がいたら必要ないだろうし、キャンプ場にクマが出るのだからもう熊鈴も意味ないと思うのですが。。。

 

10:45-50 明神館(1530m) 明神館の前にはミヤマハナカイドウの実がたくさん。

10:55 明神橋 今日は明神岳もばっちり


上高地

昨日と反対側、梓川右岸歩道を歩きます。緑がまぶしい。

 

11:45 岳沢登山口 岳沢小屋、また行きたい。

登るの大変そうな六百山

 

12:00 河童橋(1505m) 見事なまでにキレイに穂高が見えます。

コロナで外来入浴のほとんどが営業していませんが、上高地温泉ホテルは営業、無料の足湯に入ろうと思います。(↓涸沢ヒュッテに貼ってありました)

。。。足湯にはお湯がなく空っぽ、電話して確認するべきでした。無駄に往復30分歩きました。

 

上高地食堂

お昼はもちろん上高地食堂、良心的なお値段です。2カ月前の8月に来たときは夏限定メニューのうな丼をいただきましたが、秋メニューはあるのでしょうか。岩魚の天ぷらそばが復活していたらいいなー

秋メニューはなく、岩魚の天ぷらそばもありませんでした。結局また信州サーモン丼、これ好きなんです。信州サーモンはサーモンといってもサーモントラウトなので、鮭ではなく鱒です。わさび嫌いな私でも、ここのわさびはおいしくいただくことができます。もちろんお漬物は野沢菜です。¥1,380-

 

五千尺ホテル 5HORN(ファイブホルン)

食後のデザートはちょっとお値段がはりますが5HORNへ。お、窓際の席が空いてると思いましたが、案内されたのは壁際の席でした。まぁ、窓からの景色よりも、断然いい景色見てきたしね。

以前にも食べたことがあるけれど、大好きなレアチーズケーキにするか、

はたまた期間限定の栗のショートケーキにするか、悩ましい

注文しケーキがくるまで店内を見ていると、あることに気が付いてしまいました。登山靴を履き、ザックを持っているお客は空いていても窓側の席に案内されないのです。これは偶然?わざと?

もやもやとしながらも、栗のショートケーキセット¥1,650-はおいしい。いいお値段するのだから当然か。

トイレに行くと、知らない名古屋からのおばちゃんにつかまってしまいました。「GoToトラベルで得しちゃった。ケーキも安く食べれたのよ」 私「よかったですね。山小屋はGoTo使えないんで」 「だめよ、使わなくっちゃ。おみやげも買えて、うんたらかんたら」 だから使えないって言ってるじゃん、うるさいなぁ。私「はぁ、お得ですねー」と適当に流そうとする私など無視して自慢は続きます、しつこい。「山小屋だってツアーとかだったら安くなるんじゃないの?」 そうか!そのテがあったか! だから涸沢にツアーがあんなにいたのかも。でも私、ツアーで来たい? フラフラ寄り道はできないし、そもそも大人数のグループ登山が嫌いな私、知らない人と20人グループをくむなんて絶対イヤだ。それにもともとツアーは値段が高いから、お得感はあまりなさそうです。

上高地見納め、河童橋の上から

橋の下から

 

15:00 上高地バスターミナル発 ゆったり1人2席で新宿へ。¥7,700-(Web割で400円引)

例年なら激混みとなる涸沢の山小屋にゆったりと宿泊できたのはよかったです。泊まる側としてはよいけれど、山小屋としてはかきいれ時なのに。。。山小屋といういろいろ制限される中でコロナ対策にしっかりと取り組む山小屋、大変な中ほんとうにありがとうございます。紅葉は数日早かったですが、部分的にはキレイだったので満足です。紅葉真っ盛りにバッチリあわせるというのはむずかしい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です