山の名前がついたコーヒーを飲みに 阿佐ヶ谷の喫茶店・対山館でカレーランチセット

先月、名峰劔岳を登頂(というより登らしてもらった)しましたが、どうやら劔の名前のついたコーヒーがあるらしいのです。これは山小屋に置いてあった数年前の雑誌Hutte(すでに廃刊になっています。ランドネより落ち着いていて好きだったのに)から得た情報です。私はスタバに入るのは1年に1回あるかないかほどのケチですが、山に関してはお財布はゆるいです。

というわけで、劔登頂記念で阿佐ヶ谷の喫茶店・対山館に行ってきました。もちろんお目当ては劔コーヒーです。


JR総武線・阿佐ヶ谷駅の南口をでて左をみると、道路の向こう側にマクドナルドが見えます。そのマクドナルドの横の「阿佐ヶ谷一番街」を進みます。

この一番街、お店がたくさん並んでいておもしろい。特にラオス料理レストランが気になりました。2、3分歩くと左側に対山館があります。大きくないお店なので見逃してしまいそう。

カレーライスのヒラヒラを目印にしたほうがよさそうです。

看板 その一

看板 その二 山だー

看板 その二の裏 ピッケル! ステキ!山道具の象徴ですよね、ピッケルって。使いこなせる人がうらやましい


対山館でカレーランチセット

「こんにちは~」店内に入ります。店内は落ち着いたかんじです。この味のある柱時計、ちゃんと鳴るんです。12時で鳴ったとき、びびっちゃいました。飾ってある絵は畦地梅太郎氏の版画らしいのですが、ミュシャ以外芸術はわからない私です。ギャラリーは数カ月で他のアーティストの作品に変わるようです。

窓際の席に座りました。緑で外からはあまり見えなくなっているのもいい。

さてさて、気になるメニューは。。なんと「つるぎ」はデミタスです。たしか半分の量でその分濃いコーヒーのはず。私には濃すぎる。中身だけを考えれば私は「しろうま」を注文するべきなのでしょうけれど、白馬はしばらく行ってないし。。 先月、イケメンだと再確認した「やり」のストロングブレンドにしてみましょう。お前、コーヒーの味なんてわかるのかよ、という意見は受け付けません。気持ちの問題です。

待つ間、もう一度メニューを見てみます。「こまくさ」がブレンドの中で一番高いのか。やはり女王さまだからでしょうか。「トリカブト」ブレンドがなくてよかった。などなど

カレーセット(サラダ・コーヒー付)¥1,100にプラス¥100でオムレツ乗せ。セットのコーヒーだと「ほたか」なのでプラス¥50で「やり」にしてもらいました。最初に断っておきますが、私に食レポはできません。下手ながらも一応。。このカレー、口にいれた最初の味はご家庭の普通のカレーのように思えるのですが、徐々に手の込んだカレーだとわかります。私、辛いものが苦手で外ではあまりカレーを食べませんが、これは辛いだけで終わらないカレーなので美味しくいただくことができました。

そして食後に「やり」が来ました。食後のコーヒーってなんでこんなに落ち着くのでしょう。しかも「やり」ですから!

私の他に、お客さんは一人。その人も静かに本を読んでいます。落ち着く喫茶店でおいしいコーヒーを片手に読書。いい時間だ。店内にはハイドンだかヘンデルだかハヒフヘホで始まる作曲家のクラシックがかかっています。(ハヒフヘホではじまるって。。オーケストラでヴィオラ弾いて居る人とは思えません)

静かだったのに、いきなり外で「ここだここだ!」と言ってきゃっきゃっしながら写真撮っている若い女子2人。お願い!入ってこないで~ 願いもむなしく入店されました。先ほどからいたお客さんはサッサとでていきました。私もカップのコーヒーを流し込み、続いてお店をでます。

あのにぎやかなショートパンツの2人、明らかにスタバのほうが似合いそうですが、いったい何を見てこの地味なお店に来たのでしょうか? カレーマニア?

→2018年12月に閉店しました。居心地のいい喫茶店がなくなってしまうのは残念。この落ち着いた雰囲気はスタバではつくれないんだよなー。おいしいカレーとコーヒーごちそうさまでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です