ステキな山道具がたくさん Off the Grid

ユニクロだろうがダイソーだろうが、登れればなんでもいい。オシャレ山ガール(そもそもガールではない)には程遠い私ですが、完全アウェーのイベント、Off the Gridに行ってきました。Off the Gridとは? 辞書で調べると「電力や水を自給している」「網の目をすり抜けた」とありますがなんのこっちゃ。石井スポーツや好日山荘には並ばない、比較的小さいメーカーや工房などによるアウトドア展示会です。ずーーっとサコッシュが欲しいと思っているので、お気に入りがあったらいいなー


予習で調べたところによると、朝一はとても混むということなのでお昼ころに行きました。お店によっては現金払いのみというところもあるらしいので、お金もおろして準備万端です。

会場は町田シバヒロ、小田急町田駅から10分弱です。屋外イベントです。雨が降らなくて本当によかった! 入り口で入場料¥500を支払い会場内へ。

まずはアトリエブルーボトルさんのサコッシュへ。昨年の秋に練馬の、山のセレクトショップ、ソキットさんで見ていいなーと思っていたのですが、¥7,500という値段にひるんで買いませんでした。このテのものは、大量生産ではないので全体的に高い。今日もう一度実際に見て、よかったら買おう。で、実際に見てみた。。。今はもう、けっこう山で見かけるよね。。。ここのコーナー、写真が撮れないくらい混んでいて、サコッシュがバンバン売れています。これは山でかぶる、かぶりまくります。熱は冷めました。

こちらのサコッシュは? 私にはちょっと大きすぎました。

もっとかわいいのがいいなー

カーボン製で軽く3つに折りたためるストック。かっこいいし欲しい~ 中国の「鬼」というお店です。¥20,000- もし今のブラックダイアモンドのストックが折れたら次は絶対これを買おう! ストックが折れるって私ケガでもするのかな。

このお箸もいいなー。いやいや、私はプラスチックで十分です。

これカワイイ! ケーキのモンブラン色

雨蓋がないのが流行りなんですかね。旧人類の私としては雨蓋がないのはちょっと不安です。

このレトロ感、これは山で見かけたことない!と思ったら町中用だそうです。

このタイプも山で見かけるようになりました。ゆる登山雑誌ランドネも似たようなものをだしましたし、確かにオシャレ、欲しい。一過性のものになるか? 定着するか?


シカの毛皮も販売しています。

メガネの生産地で有名な福井県鯖江市からきたメーカー、ビューマスターのFLOATというアウトドアサングラス。軽い。そしてネジを使っていないので締めつけ感がありません。なぜかとても気に入ってしまって購入。¥12,480- 消費税はとらない分通常より少しお得です。また、テンプル(耳にかけるところ)は取り外し可能で好みの色にしてくれました。2年前にお気に入りを失くしてからとりあえずのサングラスをしてきましたが、これがあわず耳が痛かった。安くはない買い物ですが、一生使っていけたらいいなー 失くさないようにしないと。後から調べてみると老眼鏡の取り扱いもあるようです。近い将来お世話になるかもしれません。

テントコーナーもあったり、釣り竿?を試している人がいたり、山だけではなくアウトドアいろいろです。

一通りみたところで、山友の一人、チャラ男登場。山グッズにとてもくわしくこのイベントを教えてくれたのもチャラ男です。山グッズにはくわしいのだけれど、くわしいのだけれど。。。雪の唐松岳でノーマルガスを使って「火がつかない」と言っていましたっけ。えーっ、そこー!? ギャグ? くわしいところとそうでないところの差がありすぎで、さすがチャラ男と感心したものです。

会場内にはホットドックやピザなどの販売もあります。

チャラ男と一緒に芝生の上でカオマンガイ¥650-(パクチー増し増し+¥50)をいただきました。天気はとてもよく、ピクニック日和です。暑いくらい。先ほど購入したサングラスがさっそく大活躍です。

チャラ男は開場時間の10:00に来たとのことですが、その時点で100人ほど並んでいたとか。さらに、チャラ男がお店の人から聞いたところによると、お店が準備を始める7:00ころにはもう20人くらいが並んでいたそうです。そんな先着で買うモノって何?

見るだけでも面白い、いや、見るだけで耐えられるか? 気をぬくとついつい散財してしまいそうになる危険なイベントOff the Gridでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です