白山・順礼峠~七沢温泉元湯玉川館♨草庵でせいろ御膳

人がいなさそうな山を求めて、今日は神奈川県厚木市にある白山(はくさん)・順礼峠をハイキングしてきました。このあたりは丹沢エリアに含まれます。

 

⏰ 歩行時間:約2時間20分

⏰ 9:05 飯山観音バス停 ~ 9:15 長谷寺 ~ 9:50 白山展望台(284m) ~ 10:20 物見峠 ~ 10:55 順礼峠(190m) ~ 11:00-25 ながめの丘 ~ 11:50 七沢温泉元湯玉川館🚻

💰 🚃電車運賃 小田急線新宿駅↔本厚木駅¥503×2  🚌バス運賃 本厚木駅→飯山観音バス停¥340- 七沢温泉入り口バス停→本厚木駅¥360-  ♨七沢温泉元湯玉川館入浴料¥700(¥300割引)


7:23 小田急線新宿駅発

8:22 小田急線本厚木駅着 運賃¥503- 厚木ははるか遠くの地と思っていましたが、都心から小田急線急行に乗ってしまえばそう遠くはありません。駅の北口を出て、すぐ前の横断歩道を渡り右、バス5番乗り場へ。バス5番乗り場には「白山順礼峠ハイキングコース」の看板があります。私は駅でてすぐのバス乗り場案内を見てまごまごしてしまい、8:30発の「厚18上飯山行」を見送ってしまいました。

8:40 本厚木駅発 「厚20宮ケ瀬行」に乗車。バスはハイカーで満員です。が、目的の飯山観音バス停で下車したのは私のみ。みんなは仏果山とかかなー

白山・順礼峠

9:05 飯山観音バス停着 運賃¥340- バス停から見える赤い橋を渡り、「飯山白山森林公園へようこそ」のゲートをくぐってまっすぐ歩くと長谷寺。歩きはじめる前に日帰り入浴予定の玉川館に電話し、日帰り入浴とお昼ごはんの予約。入浴と食事を予約すると入浴料300円割引してくれます。

 

9:15 長谷寺(飯山観音) この周辺、紅葉しています。

 

9:20 長谷寺本堂 本堂むかって左に「白山ハイキングコース」の看板があります。5分ほど歩くとウサギちゃんガイドが案内してくれています。

膝にやさしい女坂を選択。鳥獣被害対策用の扉を通って歩を進めます。

 

熊の古道っぽい?

 

9:50 白山展望台(284m) 反対側には厚木市が一望できます。

 

途中どんぐりがいっぱい。メルカリでどんぐり売るならここですぐ集まりそう。

「もみじコース」と呼ばれている道はカエデが植わっているのですが、ところどころしか紅葉していません。下界でも赤くなっているのに、紅葉しない種類? それともこれから?

 

10:15 むじな坂峠 なにもないです。

10:20 物見峠 ここから厚木市や横浜、新宿まで見えます。

 

10:55 順礼峠(190m) 赤い頭巾をかぶったお地蔵さんがいます。

11:00 ながめの丘

ながめの丘で、おやつ&読書タイム。ここはベンチもあって見晴らしもよく休憩するのによい場所です。数組のんびりしてました。かわいい先客も

11:25 ながめの丘を出発し、順礼峠経由で七沢温泉へ。途中2匹のお散歩中の大きなボーダーコリーのワンちゃんに会いました。ご主人の側におとなしく座って私が通り過ぎるのを待っています。犬が苦手な人もいますしね。私「あら、おりこうでカワイ…」 ご主人「ああーっ!」 そのワンちゃんたち私に飛びかかり、しっぽをぶんぶん振りながら私の顔をべろべろ舐めるじゃないですか! ご主人「すみませんっ! カワイイって言葉に反応しちゃうんです!」 私もカワイイを連発し、なでまくり。本当にカワイイ。


11:50 七沢温泉元湯玉川館到着

七沢温泉 元湯玉川館♨

紅葉がキレイです。

朝に予約をした時、「予約ですね、確認します。。。はい、大丈夫です」との対応。大丈夫って? 接客用語に「大丈夫です」は違和感。到着し、入り口で「日帰り入浴の予約をしております〇〇ですが」と伝えると、仲居さん「はぁ」。「はぁ」って何?? 「あの。。日帰り入浴予約しているんですけれど。。」と繰り返しても仲居さんはポカンとしています。私、間違ったところに来たのか、間違ったところを予約したのか? 女将さんらしき女性が現れたので「日帰り入浴予約しているのですが」もうこのセリフ3回目。女将もどきは「入浴は予約受けてません」 私「え、私、今朝電話で予約したのですが」 女将もどき「でも日帰り入浴の予約はしていないんです」 私「。。。。。入浴とお昼予約したのですが。。。」 女将もどき「あ、そうでしたか。」 やっと予約が確認でき、そして女将もどきは「大丈夫です」と。やっとお許しがでたようです。なんともいや~な感じです。「入浴と食事」とすべてを言わない私も悪いのかもしれませんが、機転をきかせて「お食事も予約されてます?」などと聞いてもよいものだと思いますが。こんなパターン過去にもあっただろうに。仲居さんも自分がわからないなら他の人に聞くなり方法があるだろう。登山の恰好しているからバカにされているのかしら?

お風呂は、お風呂自体はいいのですが洗い場が5つでシャワーは2つしかありません。シャワーはすでに使われていたので蛇口のみの洗い場へ。これが1つの蛇口で温度調節するタイプではなく、お湯と水が分かれていて、ひねるのではなく押して出てくるタイプ。離してしばらくすると自動的にとまるのですが、水がずーっと流れっぱなし。放置して数分したらやっととまりましたが、なんとも使いにくい。なので湯船のお湯をくんで髪を洗ったりしていたのですが、この桶が重い。プラスチックのケロヨン桶だったらよかったのに、いい桶用意する前にシャワーを用意してほしい。入浴料は¥300割引で¥700-

廊下にはところどころに生花が飾られていて、いいじゃないか!と思いましたがよく見るとしおれてました。建物はいいのに、どこか惜しい感満載です。

貴重品をフロントに預けているので、フロントの前で声をかけようとしていると、通りかけた仲居さんが「あ、お荷物ですか? 少しお待ちください」 私の財布を渡す時も「ぐれぶ様ですね?」 やっと接客らしい接客を受けました。髪の短いKさん、まともな人はこの人だけなんでしょうか? フロントからわざわざ出てきてくれて「ありがとうございました」と見送ってくれるKさん。いつからいたのかポカンとしていた仲居さんもKさんに続き「ありがとうございました」 挨拶係なのかしら。バイト未経験の高校生バイトならまだしも、いい歳なんだから。。。

お風呂のあとは別館草庵でお昼ごはん。門をくぐって竹やぶを抜けると古民家が、あらステキ。奮発して季節野菜のせいろ御膳をいただきました。¥1,728-

暖房はついているのですが、他のお客さんたちは「寒い寒い」と言って、コートを羽織って食べていました。古民家だからか、換気がよいようです。私は歩いて、その後お風呂に入って体があたたまっているのかあまり寒さは感じなかったのですが、確かに料理が冷めるのが早かったような気がします。お料理はおいしかったですが、冷ややっこではなく湯豆腐だったらよかったのに。どうせ冷めるからという配慮?

この周辺、auの電波は入りませんでした。バスの時刻表はフロント横にあります。すぐ近くには七沢温泉バス停、少し歩くと七沢病院前バス停がありますがとても本数が少ないので、15分ほど歩いて大通りにある七沢温泉入り口バス停で乗車し再び本厚木駅へ。バス運賃¥360-

ハイキングはよかったんだけどなぁ~、まぁこんな日もある。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です