「ゴホン!といえば龍角散」は本当です 咳に龍角散ダイレクト

香川照之さんのCMで流れていた「龍角散ダイレクト」、咳に効きました。このブログは山ブログですが、この感動を誰かに伝えたくてまったく山とは関係ありませんが書きました。

昨年の冬、3か月ほど咳で苦しんだ私。今年もあやしくなってきました。一日中ではなく、何が原因なのかわかりませんが日に数度発作的に咳が止まらなくなるのです。よく咳がでるのは、電車の中、会社、オーケストラの合奏時(アマチュアオーケストラで弦楽器弾いてます)などの人が集まるところ、そして夜布団に入って横になると必ず苦しくて眠れないほど咳き込みます。一度眠りにつくと朝までぐっすりにですが、これでは寝不足になってしまいます。腹筋も鍛えられそうです。龍角散のど飴は気休めくらいにしかなりません。


龍角散ダイレクト マンゴー味

会社でゲホゲホしていると、他部署の先輩が「ぐれぶさん、それ風邪?」 ゲホゲホうるさかったのかしら。私「風邪の症状はないんです。熱はないし、鼻水・くしゃみもでないし、のども痛くないんですが、咳だけがひどくて。。ゲホゲホ」 咳がいつでるか、また咳をしすぎて吐かないけれど「おぇっ」となることを伝えると「あー、同じ症状だ。これ試してみて。私には効いたのだけど」と渡してくれたのは「龍角散ダイレクト マンゴー味」2錠でした。「咳き込みはじめたら舐めてみて」

その晩も布団の中でゲホゲホ。苦しい。。。ボロボロになった悟空が仙豆を口にするようにトローチを口に入れます。舐めながら寝るなんて虫歯になるかも。。と思いながらいつの間にか眠っていました。→シュガーレスなので寝る前でも大丈夫です。眠くなる成分も入っていないので運転時も服用できます。

 

そして次の日、電車の中でもゲホゲホ、おぇっ(吐いてはいません)。まわりの人たちの「この人大丈夫?」という視線がつらい。ここぞという時が来ました、トローチを口にします。舐め終わるころには咳はとまりました。

舐めたら咳はおさまる、それだけではありません。そのあとまったく咳はでなくなったのです! 本当です! 私も驚いています。

龍角散ダイレクトには3種類あります。ミント味とピーチ味は顆粒状(16包)でスティックに入っていて、水なしで服用するとのこと。顆粒なのに水なし?と思いましたが、さっと溶けるらしいです。私が服用したのはトローチタイプのマンゴー味(20錠)。じっくり味わうとかすかに薬っぽいかもしれませんが、まずくはありません。お菓子コーナーにおいてあるのど飴とは違い医薬品なので、薬局にあります。

咳の種類・個人差もありますが、咳で苦しんでいる人はぜひ試してほしいです。(ちなみに私の母には効きませんでした。病院にも通っていますがよくなりません。。。)

 

→翌2018年も、冬がやってくると同時に咳に襲われる私。原因はいったい何なのだろう?? とりあえずドラッグストアで龍角散を購入。何度か咳に苦しむたび口にし、咳の苦しさからは解放されました。その場しのぎではなく、その後まったく咳が出なくなるというのが本当に不思議です。多分、また来年もお世話になります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です