下山後のサンダルを求めてKEENファミリーセール

私の下山後のサンダルはダサかわいいイチゴサンダルです。いい働きをしてくれているのですが、なんといっても¥300-。百均のお店で300円だったか、3coinsで購入したのか、とにかく三百円です。なので履いていていつ分解するのかちょっと心配です。

そんな時に山友さんがKEENのファミリーセールにご招待してくれました。私があまりにもひどいサンダルを履いていたからかもしれません。何年か前、私のウェアがひどくてミレーやバーグハウス、ノースフェイルのファミリーセールを会社の人が教えてくれたことのありましたっけ。

場所はオシャレな代官山にあるCARATO71。まわりにはステキなマンションやご邸宅が建ち並んでいます。生まれて初めて「お手伝いさん」らしき人(エプロンして門のあたりをほうきで履いていました)を見ました。このような世界が現実にあるんですね。ファミリーセールなんて行かないんだろうなぁ。


2Fの入り口で招待メールを提示し、すぐ横の階段で3Fに誘導されます。フレックスを使って17時前についたというのにセール会場はとても混雑しています! 3FはKEENの売りがで、入ってすぐはキッズコーナー、その横がレディース、奥がメンズ。それぞれサイズごとに分かれています。靴の箱には色のついた丸いシールが貼られていて、その色で値段を判断します。例えば黄色シールは¥5,000など。なので細かい〇百円や〇十円という半端な値段はありません。

さて自分のサイズのところを物色。箱には靴のデザインの絵が貼ってあり、色も箱に提示がありましたがサンダルらしきものはすべて箱をあけてチェック。ピンク一色のものと、黒地にブルーをキープ。テーブルの上に積み重なっているのだけではなく、無造作にテーブルの横や後ろに置いてあるのもすべてチェック。なんとテーブルの下にまで積み重なっているじゃないですか。テーブルの下にもぐってごそごそしていると、幼児園児くらいのお嬢ちゃんがのぞき込んでいるじゃないですか。お嬢ちゃん、おばちゃんは遊んでるのではなく戦っているのだよ。そう、ここはもう戦場です。試し履きではお互いさまなのですが邪魔になったり、積み重なっている靴箱が雪崩になったり、小学校帰りのクソガキが追いかけっこをしていたり(お母さんなぜ注意しない?)ともうてんわやんわ。背中には汗びっちょりです。この戦場を写真に撮りたかったのですが、もしかしたら禁止されているかもしれないので遠慮しました。

乱れながら階段をおりて2Fのレジへ。2FにはCHROMEの製品が並んでいましたが、もう私には見る気力はありません。このレジ、30分並びました。私は1足だけ購入でしたが、1足だけという人はほぼいません。前に並んでいる男性はなんと9足! バラバラのサイズで、しかもすべて緑シールで「汚れあり」などのコメントが。緑シールは確か¥2,000-か¥3,000-、あれは転売目的ではあるまいか?

レジはクレジットカード払いもOKです。無事に購入し、建物の外へ。なに、この達成感。

今回購入した商品はこちら、KEEN UNEEK 1013092です。山の林家パー子を目指す私としましては、黒地にピンクなら申し分ないのですが、もともとその配色はありません。

Amazonで調べたところ、なんとビックリ¥12,960!! いちごサンダル¥300から大きな飛躍です。登山靴でむれた足で履くのは恐縮ですが。。。 とにかくいい買い物でした。紹介してくれた山友さんに感謝です。

 

2019年は11月8日~10日、五反田TOCビルにて。会場が広くなってるといいですね。ちなみに、同じ日にノースフェイスのファミリーセール@東京流通センターも!(私は増税後の半年は衣類は買わないことに決めたので行きません怒)